現在リニューアル中。
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年10月19日 (日) | 編集 |
アムウェイから献金を受けて広告塔になっていた野田聖子
野田だけでなく麻生内閣、というより自民党員の多くがもらっていたようだ。

これはアウトだろう

しかも「アムウェイ自体は業務停止命令処分を受けた企業ではない」ときた
確か日本国内でのマルチ被害の第一位がアムウェイだった気がする

政治はきれいごとだけじゃないっていう理屈はわかるけれど
もうバレちゃったんだから、観念しなさいよ
ジャムおじさんがバイキンマンと組んでて金のやりとりしてたようなものだ

こんにゃくゼリーがダメでアムウェイがOKなんて理屈
アムウェイの会員以外の誰が納得するんだ
スポンサーサイト
2008年04月12日 (土) | 編集 |
4人の死刑囚の死刑が執行された
鳩山法相になりこれまでにない速度での執行で
死刑反対派は批判を強めている

死刑に反対する気持ちも論理もわかるが
人権をもちだすのがよくわからない

死刑囚の人権は害されているのだろうか?
そうは思えない
彼らは凶悪犯罪を犯した
鬼畜以下の行動をしたにも関わらず
一人の人間として法的に扱われている

何ひとつ落ち度のないのに殺された被害者に比べると
彼らのなんとVIP待遇なこと・・・

法相が死刑が確定した囚人を一定の期間内で死刑執行するのは
法律で決まっていることだ
それに対し、法相を批判し辞めろというのは
リンチでしかない
2008年03月17日 (月) | 編集 |
チベットの虐殺行為はなにも昨日今日はじまったわけではなく
半世紀くらいずっと続けられている。

たまたまオリンピック直前で注目されているが
チベットという民族は少しずつ確実に抹殺されている。

ところで現在亡命しているチベットのダライ・ラマ
彼は本当に政治的指導者にふさわしいのだろうか?
宗教国だから宗教の指導者が政治の主導者を兼ねるのは当然だけど
俺にはダライ・ラマにチベット国民の命を守ろうという気概を感じられない

別にしんでも来世とかあるしいいんじゃね
そういう部分がどこかにあるんじゃないだろうか


政治家は国民の命を第一にすべきという考えだから
毒物を食わせ異民族を虐殺する中国と同じくらい
ダライ・ラマの態度には疑問をもつ

彼の平和的態度とやらが
ここまでチベット問題を陰惨にした原因の一つに感じる
なんというか必死さを感じないのだ



チベットだけでなく日本の政治家にもいえることだな、これは
極端ないいかただが自国が滅ぼされるなら
その前に滅ぼそうとする国を滅ぼしてやる
そういう気持ちが政治的指導者には必要なんじゃないだろうか?

ある意味北朝鮮の金正日よりダライ・ラマは
政治的指導者として不適格に思える


2007年09月24日 (月) | 編集 |
安倍内閣で不祥事が多発して
人が次々辞めていった時
「これは無能を消していってるんだ」
と前向きに考えるようにしていた。

そう考えでもしなくてはやりきれなかったからだ


今回の新内閣のゴタゴタをみて
さらに強い絶望感を感じるが
今回はこう思うようにしよう
「誰が誠実で、誰がうそつきか
誰に信念があり、誰が変節漢か」
それがはっきりとわかったのだ、と


うそつきと変節漢が優遇されてしまったのは
荒療治の副作用でしかたのないこと
これから頑張ってリハビリしていこうと
そう考えることにしよう。

国民が本気で頑張れば今より少しはましになるだろう
もし忘れれば北朝鮮になるだろう


何故か今回だけ怪文書を真実として報道したマスコミ
批判精神など欠片もない評論家
御用評論家という言葉が、「骨が骨折した」のような
意味が重複した間違った言葉として消える日も近いな

彼らがネット規制を考えるのもわかる
盗みが合法な国ではルパン三世はやりにくいだろうから
2007年09月18日 (火) | 編集 |
麻生と福田の総裁選について
いろんな人がいろんな意見書いてるが
国民投票で決めるわけじゃなく
自民党だけで決めるわけだから
なんかいまいちのれないよな

要は自民党の偉いさんにとって
麻生より福田のが都合がいいってだけだしな

小渕が死んで森が総理になったとき
マスコミはあんだけ密室密室と非難したが
今回はなんで避難しないんだろう
一見オープンに見せてるが実質は同じだろうに


福田はテロについては自説曲げて
かなり強硬的にいかないと
まずいような気がするな
イラクについても北朝鮮についても
安倍以上に強硬にいかんとな

親子揃ってテロリストに屈伏っすかwww
ってなるし
そのへんは頼みますわ


あとは福祉とかもうちょいなんとかしたほうが
このままじゃ北朝鮮や中国やアメリカの驚異がなくなったとしても
日本マジ滅びますぜ
2007年09月14日 (金) | 編集 |
一週間前の俺に
安倍辞めて福田が総理になるよっていったら

ねえよwww って笑われただろうな


政治ってこういう激動があるから
面白いのかもしれないな

でも本当世襲議員ばかりだよなあ
日本が特別多いってわけでもないようだが
ちょっとなあ・・・

腐敗しやすくなるってデメリットとともに
親世代の確執で政治やるっていうデメリットが

田中真紀子とか国民のためとか自分の野望のためとかでなく
ただオヤジの恨みをはらしたいから政治家やってるし

なんとなくだけど福田からもそういうにおいがするんだよなあ
そこがちょっと不安

2007年08月15日 (水) | 編集 |
今年の閣僚の靖国参拝は高市早苗だけかあ
空気読めないとか目立ちたいだけという意見は
もっともだが全閣僚参拝せずという前例を阻止したことは
素直に評価できる。

なにげに小泉もいってんだな。

政治的正しさという視点で参拝の是非を語るのには違和感がある
政治的には行くほうが得という意見も
いかないほうが得という意見も
それなりにわかるもんな

だが絶対行くといってた安倍がいかなかったことは
有権者に嘘をついていたということで
これは民主主義者は許すべきではない


俺、昔は絶対に参拝すべきだという考えだったけど
去年実際に行ってみて考えが変わった
靖国神社ってのは宗教施設でも政治施設でもなく
ただの「軍事」のテーマパークだ。


最近思うのだが人間だけでなく動物にも感情はある。
ただ感情に強弱を感じるのは人間だけだ。

同じ「感謝」という感情でも人間は
落とした財布をひろって届けてくれたことへの「感謝」は
素直に表現できるけど
命をすくってくれたことへの「感謝」は
なぜかうまく表現できない

それは二つの感謝に強弱という差を感じているから
命救ってくれた人に財布拾ってくれたノリでの感謝はいけないと思う

強い感情をどう表現すればわからないから
自分は感謝なんてしていないと心を防衛する。
あるいは暴力などの手段を用いる。

さらに人間は感情が強ければ強いほどそれに「意味」を与えてしまう癖がある。

感謝することはいいことだとか悪いことだとか考えてしまうのは
冷静に考えるとすごくおかしな話だ。
本当は感情に意味なんてものはないのだから

だから感謝してるなら感謝すればいいし
アホな死に方wwwと思えばそう思っていればいい



俺は感謝している。それだけだ。
2007年08月12日 (日) | 編集 |
今年頭に掲げた目標に
「いい人といわれない人間になろう」
というものがあった。

先日バイト先の人らと飲みに行って
その目標がまったく達成されてないと思い知らされた。

いい人間とはどうでもいい人間という意味
とよく聞くがまったくその通りで
あいつはゲスだといわれるくらいでなきゃダメだ。

男子家を出ずれば七人の敵ありということわざがあるが
逆にいうと敵がいないような男はろくなもんじゃないということだ。

自分に喝をいれ、鬼畜の代名詞となるような男を目指そう。




田中真紀子が安倍総理の学歴を持ち出し
あいつは低学歴だから無能なんだと発言した。

俺なんかお前のオヤジはどうなんだといいたくなるが
この件について書いてるブログなどを見ると
実際安倍のいった大学はあまり頭がよくないらしい

らしいと書くのは恥ずかしながら俺自身大学いってないから
どこの大学が質がよくてどこの大学がよくないのかが
まったくわからないのである。

なんとなくよく名前を聞く東大京大早稲田明治とかは
頭いいんじゃないのかなとおもうくらいで
その他の大学と有名校の本質的違いはわからない
予算があるとか就職に有利とかはさすがにわかるが
これはあんま質とは関係ないしな。

で、まあ低学歴の人間に総理大臣をやる資格がないっていうのなら
田中真紀子はそういう法案をまとめて提出すべきだと思うのだが

いや、民主主義ってのも問題だ。だって日本国民のほとんどが
低学歴なわけだから一人一票の今の制度だと高学歴の正しい意見が
低学歴の馬鹿げた意見に潰されてしまう。死んだばあちゃんは元気な
ころは必ず投票にいっていたがこの人は戦争とかもあったので
小学校もきちんと卒業してない。


はだしのゲンを見ていて数年前にみたイギリスの第二次大戦についての
ドキュメンタリー番組を思い出した。

その番組ではイギリスの庶民が戦時をどう生きたかが描かれていたのだが
その中で女子供が軍事訓練を受けているシーンがあった。

槍をかまえ人形に刺したり、天に向って投げたりしていた
でっかいスカートをまくしあげてみな真剣に訓練をしていた。

え、これは日本の風景じゃないのかと勘違いしてしまった。
俺はずっと戦中の狂った教育の一例として
市民までもがそういう訓練を受けていたと習ったからだ
竹槍でB29を落とそうとしていた狂人と習った
日本人がいかに狂っていたかわかるだろうと教わった

国民が一致団結していたから我々はナチスに勝てたのだ
とそのドキュメンタリーは主張していた。
2007年06月30日 (土) | 編集 |
見るといやな気分になるとわかっているから
見ないようにしている太田総理だけど
昨日偶然見てしまった。

少年法の是非について話してたんだけど
やっぱり見てていやな気分になった
特に民主党のネクスト法務大臣とかいうやつの発言には
はらわたがにえくりかえりそうだ

加害者にはリンチするだけの事情があったとか
リンチされた被害者には殺される理由があっただの
犯人に復讐しても意味がないだの
よくもまあそれを被害者の母親に面とむかっていえるもんだ
しかも全国放送でだ

俺なら仮にそう思っていたとしてもいえないわ


このバカに限らず死刑反対派って復讐ってのをいけないと思っている
ふしがあるけれどそんなにいかんもんかな復讐ってのは

愛するものを失ったときそれを奪った人間を恨むのって
人間として当然の感情だと思うのだけどな


関係ないけどこの平岡っていう政治家調べたら
ボケて判断力なくなった俺のばあちゃんから金をだまし取った
立正佼成会っていうカルト宗教の支援うけてんだな



われわれが政権とったらキチガイカルトの走狗を法務大臣にします
といってるわけだな民主党は


・・・・・・本当に自民党倒す気あるのかよ
2007年05月30日 (水) | 編集 |
最初にいっとくと今回の松岡大臣の死、俺は自殺じゃないと思っている
根拠はない、ただの勘だ。

で、自殺に見せかけた殺人だと思うのはいいのだが
誰がそれをやったのかがわからない。
松岡の死で誰が一番得をするのかが、よくわからないからだ。

与党野党外国勢力が結託して陰謀を企てたという妄想が止まらない
陰謀論っていうのは楽しいものだ

客観的に冷静に考えれば陰謀の証拠なんてまったくないし
普通に心労に負けて自殺した可能性のほうが高いけどな


特に親自民でも反自民でもないから政党の議席がどうなろうがどうでもいい。ただ、松岡はあきらかに税金を浪費していたしそういうことができるようなシステムもあった。松岡以外に同じような不正を働いてるものも間違いなくいる。そいつらをいかに排除して税金の浪費を無くすシステムにするか?

また、中国のクサレ作物がちゃんとした検査もなく入っている。このままではアメリカなどほかの国からもクサレ作物が入ることだろう。政治家などはそういったものは口にしないからどうでもいいのだろうが俺のような貧乏人にとっては大問題だ。

今より税金を効率的に使う政治家を増やすには?
今より安くて安全な食物が食べられるようになるには?

俺としてはこの二つが実現することを望んでいる。
そのためには今回の陰謀に乗らないことがベストだと俺は思う。

自民党は適当に後任者を選びその後任者は彼の志を継ぎますとほざき、
野党は安部総理の責任だと叫ぶだろう。


国民は松岡の死をなかったことにするべきだと俺は思う
与野党とも彼の死を利用したショーに終始して、まともな政策論争など
やらないに決まっているからだ。
松岡は4月くらいにクビになって引退したということにするのだ。


ネット用語に煽るって言葉がある
わざと人の反感を買うようなことを書きこんで
相手が怒ったりするのを楽しむ輩だ
煽りは冷静に反論しても怒っても喜ぶ
煽りに煽るなと叫んでも止まりはしない

煽りに対して最も有効な手は無視である
そんな書き込みなんてないことにするのである
しばらく煽りはかまってもらおうとするが
反応のなさにがっかりして去っていく

今回の自殺が本当だとしても陰謀だとしても
これは政治的な煽り行為にすぎないのだ
まともな政治をする時間が削られるだけにすぎないのだ
政治家は煽りに便乗してさぼろうとしている
今はサボっても国民は許してくれるからだ

だが、国民が陰謀という煽りに乗らなければ、煽るものも減るし
政治家はもうちょっと真剣に政策論争をするだろう
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。