現在リニューアル中。
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年03月11日 (木) | 編集 |
一ヶ月ちょいあった基礎実習ももうすぐ終わる
こうしてみるとあっという間だった。
実習の評価が悪いと留年もありえるから不安だけど
今はあまり考えないようにしよう。

いろいろと勉強になった、いい実習だった
まあ、ただ単に自分の技術不足がひどかったってだけかもしれないけどさ


こうして思うと自分は運がいい
指導教員は生理的に合わずに辛かったけど
実習メンバーもマジメでいいやつばかりだし
看護師さんもみんな優しかったし的確にわかりやすく教えてくれた。



実習の間に27になって、誕生日も疲労回復のための昼寝と
勉強だけで味気なく終わった。

俺はすごくめぐまれているのに
それに答えられていない
その思いが歳を重ねることに強くなる。

与えられてばかりでなにも与えていない
どうして自分のような存在が許されているのか
たまに自分で疑問に思って
自己嫌悪と同情心と悲しさが襲ってきて
泣きそうになる(泣かないけど)


思えば一年間、自分なりに頑張ったのは
このどうしようもない申し訳なさ
平和に生きてることへの罪悪感が根っこにあったのかもしれない

だから今、その思いが消えるどころか大きくなってることに
戸惑っているのかもしれない。




もしかしてそれって努力で消せる類のものではないのだろうか
だとしたら俺は、この思いとこれからどう向きあっていけばいいのだろう。
スポンサーサイト
2009年12月03日 (木) | 編集 |
誰にも相談できないこと
誰にも話せないこと
誰に話しても困らせるようなこと
誰に言ったってしょうがないこと

そういうことを
でも言いたくて言いたくて
でも孤独で

そんなときどうして
俺はこうするしかできないんだろう

俺は月を見る
月は俺を見ていない


2009年09月29日 (火) | 編集 |
空気が読めないってどうしてそんなにいけないのか
予想できる、常識の範囲でしか行動できない人間より

空気読めない人のが予測不能で面白い



まあ、俺みたいな空気読もうともせず
読めてもそれをぶち壊そうと画策するバカならまだしも

必死で読もうとしてそれでも読めず
頓珍漢な行動してしまう人間を
バカにしたりはぶったりしたりするのは

醜いぜ



まあ疲れるけどさ、確かに

2009年08月16日 (日) | 編集 |
今年の6日9日15日の戦争終結記念のイベントは
酒井法子にもってかれた印象

憂いてみてももう64年もたって当事者はどんどんいなくなってるのに
毎年毎年代り映えのないことやってるのだから
みんな飽きるよね

誰のコメントもテンプレ通りだし
残念ながら第二次大戦も教科書の中だけの出来事になるんじゃないかな


そういえば昔学校で原爆フィルム見せられて
思ったことを書けといわれたので
アメリカに落としてやりたいって書いたらこっぴどく怒られた

思ったことを書けといわれた時は思ったことを書いてはいけない
課題者が気に入るようなことを無難に書くべきとその時学んだが
学んだだけで実践する気はおきない嫌なガキで
そのためこんな大人になってしまった('A`)

でも、戦争の悲惨さや平和の大切さを実感するのと
あいつら許せねえ、復讐してやるって気持ちはだれにでもあると思うし
その二つって別に矛盾してないと思うんだけどな
2009年07月15日 (水) | 編集 |
先日、死にかけた



仕事から帰るとアジの刺身がテーブルに置いてあった。
冷蔵庫に他に特になにもない

疲れていた
そして、腹が減っていた


だからつい、アジをパクついた
味が変だなと思いつつもアジを食べた






30分後





すさまじい腹痛
あわててトイレにかけこむも出ない
座ってる姿勢が苦しくなりしかたなく出る

すると今度は立てなくなりこける
こけたまま起き上がれない
這って自室まで




これはヤバい!!!


救急車を呼ぶしかないと思い
携帯を取ろうとするが
ケータイは机の上で手が届かない
立ち上がれない



さらに手が痺れてきた
なんか震えてるし妙な汗がダラダラ


ああ・・・俺ここで死ぬのかと目をつぶった




お花畑は見えなかったけど
俺が死んだら笑って喜びそうな連中の顔が
次々に浮かんでは消えていく

ちくしょうと思いながらその幻惑と
数時間格闘していたら
いつの間にか激痛としびれはおさまっていた

腹の不調はまだ続いてるがいちおう元気だ
連中のおかげだな




なんとなく政治家が長寿な理由がわかった
2009年06月28日 (日) | 編集 |
近所に二人キチガイがいる。

一人は大音量で軍歌をかき鳴らすじじい
もう一人は車の駐車位置にケチをつけるおっさん


日曜の朝、この二人がもめていた
久々の休日で爆睡したかったのを邪魔され頭にきたが
それ以上にキチガイ対キチガイの口論はなかなかみものだった


この世界に意味なんてやっぱりないんだ
と、安心した。




もしこの世界になんらかの意味があるとしたら
俺は絶望するしかないもの
意味なんてないって思えるからこそ
頑張れるし好き勝手やれる

最近また自分はなにをやってるんだとか
このままでいいのかとかマジメに考え落ち込んでいたが
このキチガイ達のおかげで目が覚めた

俺はこの無意味な宇宙で無意味に人生を送るべく
明日からまた無意味に頑張ろうと思う
2009年06月19日 (金) | 編集 |
週末にしか雨が降らない梅雨
そういえば、あまり梅雨に雨降らないと
夏どうなるんだっけ

カフェイン依存症
ニコチン中毒者を笑えないだろう

なにもかもが空回りしている
でも止め方がわからないし
力ずくで止めたらもう動かなくなりそうで怖い
バランスよく生きるとか簡単に言うなよ

はじめてみたTVの記憶は
レーニン像が倒されているニュースだ
そのころの自分は5歳か6歳くらいで
その像が倒された意味はもちろん
レーニンって名前すら知らなかったけど
聞き覚えのない言葉を話す変わった顔の大人たちが
騒いでいる映像を真剣に見ている親は
今もはっきりと覚えている

姪っ子と遊びながら
この子の中でこの世界は
どのようにうつっているのだろうかと思った

この子は大きくなって学校とかで
オウム事件や阪神大震災や911を
近代史として習うのだろう

そして俺は直接経験してもないのに
歴史的当事者としてあれこれ語るのかもしれない


ネガティブが極まった結果
ふるまいがポジティブになることがあるらしい
なるほど、と思う



エロスパムはなんだか切ない




温泉に行きたいけど
お湯に入った後家に帰らなければいけないのだ
ってことを思うと行く気になれない



俺、間違ってないよね
人生に間違いもクソもないなんて言わないで
知ってるから、いやになるくらい
2009年02月17日 (火) | 編集 |
重ねる心重ねていた心
いつのまにか離れていく心離れていた何か
手をのばしつかんでも届かない

忘れようとすると帰ってくる
でもそれがかつてあったものと同じという
保証はない

信じるしかない
知識も記憶も捨てて
なにもかも捨ててしまいたい

自分が変わりたいのか変わりたくないのか
本当はよくわからないから
だから考えないようにする

それがいいことなのか悪いことなのかわからないけど
この世界には変わるべき時と
変わるべきでない時というのがあるらしい

その二つの時の違いを見極めて
ただそれにしたがっていけばいい
いいんだと思うんだ
言葉にすると恐ろしく簡単で
絶望的なまでに退屈だったりする




もし空の上から自分の体を操作できたら
簡単なことを簡単なこととしてこなせるだろうか

音と光が憂鬱と一緒にまたやってくるから
くだらないことを考える猶予はもうない
2009年02月05日 (木) | 編集 |
近所の高校が火事になって全焼した。


実はその高校が燃えているのを発見したのは俺だ。
もちろんすぐに携帯で消防に通報した。


消火活動もむなしく鎮火しなかった
残念ながら、死人も出た




放火の疑いが高くて、警察が捜査をはじめた。




それで、俺が第一発見者の俺が犯人と疑われている。
俺はやっていないので否認してるけど信じてくれない
[READ MORE...]
2009年01月13日 (火) | 編集 |




試験会場で昼食休憩中
緊張のあまり持ってきた弁当を食べられず
コーヒー飲んでガチガチになっていた俺

そんなとき隣の席の受験生のねえちゃんが
弁当を取り出す、かなり大きめ

おお、大きい弁当箱だ,そんなに食えるのか
そう思い何気なく観察していた
なんと弁当箱の中には蟹が一匹丸ごと入っていた
コーヒー吹き出しそうになる

カニかまでもカニ飯でもないカニだ
ゆがいただけのカニだ

そのゆがいたカニをハサミと鉄箸を使い食べはじめる
食べる、食べる、食べる、たいらげる

部屋中に蟹のにおいがこもり
その人と緊張して飯も食えない自分との器の差を実感し
俺はもうなにもかもどうでもよくなった




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。