現在リニューアル中。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年02月19日 (日) | 編集 |
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/local/shiga_murder/?1140269012


<滋賀園児殺害>幼稚園が保護者会 グループ送迎を休止

園児2人が別の園児の母親に刺殺された事件で18日、長浜市立神照幼稚園は臨時の保護者会を開き、複数の園児を保護者1人が付き添う「グループ送迎」を当面の間休止し、個別送迎にする方針を示した。出席した保護者からは、子どもの心のケアに悩む訴えが目立った。市教委は週明けから臨床心理士2人を派遣する。(毎日新聞)




この事件で犯人の中国人の女を一部のメディアが通名で報道した。そのことでネット上では批判の声が多くあった。俺も同意見だ、そういうことをすると逆に中国人韓国人への偏見が強まるからだ。


それより俺が通名報道よりムカつくのは殺された二人の園児の親や幼稚園にたいして「事前予防がなってない」なんて批判してるやつだ。犯人は中国人でしかも精神科への通院歴があったのに子供の送迎をまかせるなんて、ていうか親が交代で幼稚園に子供達に送り迎えするのってどうよ?

こういう批判は後だしジャンケンと同じだ。だいたい中国人だから警戒しろだって。精神科にいってるやつだから警戒しろだって。どうやって警戒するのさ。近所の人間みんなの素性を興信所で調べろってことか?

中国人や精神化通院者なんだから子供になんかすると思えってのもおかしな話だ。もし中国人が遺伝子レベルで子供殺しを楽しむ傾向があったとしたらなんで10億も中国人いるの。

偏見は偏見なんだから胸におさえてりゃいい。俺は精神病患者と中国人に偏見をもっている。だから子供が出来てもそいつらに送り迎えをまかせたりしない。俺は俺の偏見をなおすつもりはない。でも、みんなが俺と同じ偏見をもたないからって批判するのはおかしい。

田舎で児童数も少なくて金もあんまりない。だから親たちが交代で子供達を送り迎えする。いいアイデアじゃないか。そしてすばらしい。

犯人の女が何故殺したかはしらない。多分理由なんてないのだろう。でも、事件がおきるまで誰もこの女が子供を刺すなんて想像してなかったのは間違いない。

理不尽に子供を殺された親たちは生涯苦しむだろう。理屈では予防しようがなかったと思おうが親は自らを責め続けるだろう。そんな親たちを責めるなんて非道だとはおもわないか。非道だし何一つ生み出しはしないだろう。

弱ってる人間を踏みつけても自分自身のくだらないサディスティックな欲望が満足するだけだ。

100パーセント子供を守る方法なんてない。もしあったとしても俺たち人間はみんな不完全で過ちを犯す。だからちょっとしたことで子供は死ぬ。無意味に、理不尽に死ぬ。そして親もまた理不尽に生き地獄を味あい続ける。

そんな人たちに他人は無力だ。だからせめてそっとしておこうよ。離れたところで静かに祈ろう。

スポンサーサイト
2006年02月12日 (日) | 編集 |
げんかいだ
もうこれいじょう
たえられない
どうなってもいい
終ってしまえ

さようなら
すべての思い
てばなして
かなしみのない
やくそくの地へ

いっしゅんだ
いたみくらいは
たえられる
こんなにながく
いきてられたし

ふときづく
おれだけおいて
いかれてる
おいつきたいけど
とうてい無理だ

がんばろう
おもっているから
なおわるい
せめてわらえよ
ピエロになりな
2006年02月05日 (日) | 編集 |
「天」という麻雀漫画を読んでいた。その中で秀才型の青年雀士ひろゆきともうすぐ死を迎える伝説の天才雀士アカギが対話するシーンがあってその中のアカギのセリフが個人的に衝撃的だったので無断で抜粋引用する。

「そんなに悪いかな、傷つくって?」
「大抵の奇跡、偉業ははじめにまず傷つきそのコンプレックスを抱えた者が通常では考えられぬくらいの集中力や持続力を発揮して成し遂げるものだ。つまり、天才とかいわれる連中の正体はみなその類の異常者」
「自分が勝てないなんて決めるなよ」
「ダメ人間になっていい」



こうして書くとムチャクチャにも思えるけど俺にはすごく響いた。ていうか作者が俺のために書いてくれたかのようだw俺は痛いからよくそう思ったりする。努力が報われなくったっていいじゃないか。

なんかここしばらくの陰鬱とした気持ちが少し晴れた。漫画のセリフで晴れるなんてバカバカしいと思われるだろうけどいいやそれでも。
2006年02月02日 (木) | 編集 |
嫌なやつになりたい
人を平気で傷つけられるような人間になりたい

だってどうしても傷つけてしまうのに
傷つけたことで悩むなんて
ばかばかしいよ

ばかばかしいよ

笑顔で人を殺せる人間になりたい
弱者を自殺に追い込んで
それでも欠片も良心が痛まないような
そんな強い人間になりたい

強くないといけない
パワーだ!!パワーだ!!パワーだ!!

優しい人間が素晴らしいなんて
そんなの奇麗事

人間はただ、残酷で、強く
冷徹でなければいけない

優しい人間なんていない
人間の形をしてるけど
そういうやつは人間じゃない
ただの肉の塊だ


自分の中の弱さを抹殺するのだ


子供を殺せ
男を殺せ
女を殺せ
おっさんを殺せ
おばさんを殺せ
じじいを殺せ
ばばあを殺せ
貧乏人を殺せ
金持ちを殺せ

みんな殺せ
そして自分を殺せ

そして本当の人間になるんだ


もっと嫌なやつに
だれも怖がる人間に
だれもが憎む人間に
だれもが知ってる人間に




なれないというなら、いますぐ消え去れ
2006年02月01日 (水) | 編集 |
運動会
弁当がわりの
500えん
おにぎり二個と
コーラをかった

誕生日
割れた食器を
片付けて
テレビを消さずに
ふとんにもぐる

正直に
おもったことを
いいなさい
そのとおりにして
あとで殴られ

童貞と
いっしょになにか
なくなった
そんな気がした
11の秋

放課後に
こくはくされる
下駄箱で
僕はおどろき
くたばれと言う

ユーキくん
きょうでみんなと
お別れです
だまってくれと
たのんでたのに

おまえさえ
うまれなければ
こんなにも
苦労しなくて
すんだのになあ

あの女
おれを笑って
いやがるな
そのバカ面で
地獄におちろ

野良犬が
俺のもとへと
よってくる
すまないおれには
君を飼えない

死ね死ねと
誰かがささやく
耳元で
お願いだから
ねむらせてくれ

前向きに
なろうとけつい
するけれど
一日もった
ためしがないのさ

ぶっ殺す
どいつもこいつも
ぶっ殺す
それができたら
どんなにいいだろ

ピンポンと
いう音なぜか
こわいから
無意味に居留守を
してしまう俺

心臓が
バクバクしてる
なんでだろ
べつに走った
わけじゃないのに

半額の
シールはられた
惣菜を
むやみに買って
全部ゴミ箱

血まみれの
写真メールに
添付され
僕はこわくて
電源を切る

結局は
自分で変える
しかないよ
わかっているさ
わかっているさ

トラックが
俺の命を
ねらってる
そんな気がして
思わず走る

理由など
ないけどたまには
泣いていい
ダメっていっても
僕は泣きます

きがつくと
今日もなにも
やらずじまい
多分あしたも
そうだと思う

つまんない
こんな短歌を
さいごまで
読んだあんたは
暇人なのか

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。