現在リニューアル中。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年06月23日 (金) | 編集 |
山口母子殺害事件の最高裁の判決は高裁に差し戻しというものだった。

あの弁護士が主張していた「被告は殺す気はなく死んだのは事故」という主張を、最高裁は一考の余地ありと判断したのだろうか?

それとも判例では無期懲役だけどそうしたら社会からバッシングうけるしなあ。かといって死刑にしちゃうと目覚めわるそうだしなあ。ええい、他のヤツにまわしちゃえwww とでも思ったのだろうか?


どっちにしてもクソだ!!!
この最高裁判事は辞めるべきだ
ってもうすぐ任期終了で辞めるんだよね。はあ・・・



判決の数日前からTVでこの裁判の特集をやっていたがその中で
興味深いことがあった。

現在広島拘置所にいる少年に面会した2人の人間が出てきたのだが
二人の少年に対する評価が正反対だったのだ。

僧侶をやってるというおっさんは
少年は成長して自分の罪を自覚し深く反省しているといってた。
対してもう一人のおばさんは
わざとらしく聖書を私に見せつけ反省していると
アピールしようとしてただけと切り捨てた。


反省とはなんだろう?
そもそもどうして反省すれば刑は軽くなるんだろうか?
人の気持ちなんてあてにならない
たとえ本心からもうしないといってたとしてもしちゃうのが人間だ
逆に本心からまたやてやると思っていてもやらないのが人間だ


実は身内に犯罪者がいるがその人は被害者に対してまったく悪いとおもっていない。もう二度とやらないと心から誓ってはいるが、それは自分や家族が苦しむのがいやだからで被害者のためではないのだ。

俺はこのあいだ暴行されたが俺を殴ったやつも反省なんてしてやいないだろう。俺が被害届けを出さなかった(出せなかった)ことについてもラッキーwwwくらいにしか感じてないはずだ。


この母子殺害した福田孝行が反省してるか否か俺にはわからない
仮に俺が彼と面会する機会があって何度か話したとしても
分からないだろう。
分かる人なんているんだろうか。
みんな反省してる気がするように見えるか
反省していないように見えるくらいにしか判断できないだろう


おれは裁判は極力主観抜きでやるべきだと思う
裁判官によって判決が大きく左右するなんて人治国家そのものだ
シンプルにやったなら有罪、やってないなら無罪でいいと思う

現在の判例では殺人は3人以上なら死刑
2人以下なら無期懲役となってるらしい

人の命は平等だろうにどうして裁判所は殺人鬼一人が普通人3人と等価だと判断するんだろうか?基本的に人一人殺したら死刑でいいじゃないか。


PS
被告の元少年は拘置所内で規則正しい生活をして体を鍛えているらしい

彼の死刑に反対する人はこれを
少年はここをでたあとでよく社会貢献出来るように
心身を鍛えているのだと解釈するだろう

だが俺には少年が本村さんに復讐する力をつけるために
鍛えているようにしか思えないのだ

スポンサーサイト
2006年06月17日 (土) | 編集 |
このあいだ、殺されかけた


なにをいきなりと思うだろうが実話だ。

俺はコンビニで深夜はたらいている。そこに一人の客が来た
マイルドセブンをくれと、その客はいった。

マイルドセブンというのは煙草の銘柄だ
煙草の中ではもっともポピュラーなものだ
ジュースでいうと、コーラの位置にあるのかな。

俺ははいと返事をしてレジの後ろの棚から
マイルドセブンを取り出した。

すると客は違うと怒鳴った。

実はマイルドセブンと一口にいってもいろいろと種類がある
マイルドセブンライトとか、マイルドセブンワンとか
店にあるだけで10種類くらいあるのだ。
その客が欲しかったのはそのうちのどれかだったのだろう

正確に銘柄をいわないくせに別のを出すときれる客は
実は珍しくない。バイト始めたころはこの手の客に
たいしていちいち頭にきていたが今はもう何も感じなくなってしまった
そのくらいそういうバカ客は頻繁にくるのだ

だから俺はいつものようにすみませんと謝り
詳しい銘柄を聞き返した。

するとその客は何故かなめてんのかとわめき暴れ始めた。

俺はなだめたが効果なしで客はレジ内に侵入して俺の腕をつかんで
おい、外出ろとひっぱる。

俺は怖かったのでなんとか手を振りほどいて通報した

そのせいでそいつはさらに逆上。俺の首を絞めて
壁にたたきつけた。

もちろんほどこうとするが全然力が違う。まったく歯が立たない。
そのうち意識が朦朧としてきた。ここで死ぬのかと思った。

コンビニ店員、泥酔した客に絞殺されるという記事を想像した。
2ちゃんにその記事のスレッドがたって
クズがクズを殺したwwwとか
23でコンビニ店員かよwwwとか
のかきこみがあいつぐ

そのうち誰かが被害者の店員、つまり俺のブログを発見して
このブログにたくさんの人がやってきて
荒らし書き込みをする

そんな想像をした。親切なお客さんがそいつを必死で俺からひきはがそうとしてくれていた。もしその人がいなかったら?そして警察がくるのがもう少し遅かったら?

俺は死んでたと思う。

仮に俺が死んだとしてもそいつはたいした罪には問われないだろう。
少なくとも死刑にはならない。
それは悔しいなと思う。

俺が死んだら葬式をあげなきゃいけない
精神科通いの母は無事あげられるだろうかと思った

死ぬのがいやとかじゃなく、ただくやしかった
だから幽霊なんてものがあるとするなら
おれはきっと性質の悪い幽霊になっていたと思う。


強くなりたい。俺が強かったらいまごろあいつを
海の底に沈めているだろう。社会的に抹殺しているだろう。
あいつが今のうのうと生きてるのは俺が弱いから
あいつが俺をネタに笑ってられるのは俺が弱いから



しばらく自己嫌悪に襲われた
俺の精神状態なんて関係なく
弱いやつは死ぬんだ、殺されるんだ
だから、強くならなくちゃいけない


強くなければ、生きていけない
優しくなければ、生きていく資格がない
という言葉がある。戯言だ

優しさに意味も価値もない
生きていくのに資格なんてない
ただ強ければいいのだ。
弱いから優しさの価値を欲する
でも、それは幻想なのだ



俺は今回運がよかったから助かった
でも次もいいとは限らない
だから強くなりたい
強くならなきゃいけないと思う
そのチャンスを与えられたのだと思う

でも、どうやって強くなればいいのかさえ分からない。
今夜のバイトのこと考えたら体が震えてくるようじゃ
お先真っ暗だwww


2006年06月12日 (月) | 編集 |
社民党の党首・福島瑞穂に関する有名なコピペが今話題になっている。



何年か前の「朝まで生テレビ」での再現。
その日のテーマは「警察官の拳銃使用について」。
司会の田原総一郎と福島瑞穂の会話。

福島「警察官の拳銃使用は絶対反対。犯罪者と言えども
人権はある訳ですしぃ~、犯人には傷一つ付けてはいけない。
例え凶器を持った凶悪犯と言えども警察官は丸腰で逮捕に向かうべき」
田原「そんな事して、警察官が殺されたら?」
福島「それは警察官の職務ですしぃ~~」
(「ええっ~」と言う驚きの声がスタジオ中に響き渡る)

その声にまずいと思ったか福島が続ける。
福島「それに犯人がそんなに抵抗するんだったら無理して逮捕する
必要は無いと思うんですよぉ~、逃がしても良い訳ですしぃ~」
田原「じゃっ、逃がした犯人が別の所でまた人を殺したら?」
福島「それはそれで別の問題ですしぃ~」
他のパネリストの「おい、おいっ」という声と共にスタジオ中に 失笑が漏れる。)
それ以降、福島に発言を振らなかったのは司会の田原総一郎の良識か?



このコピペはかなり以前から貼られていたように思う。
俺がネットをはじめたころにはあったんじゃないかな?

社民党に対して俺は現実離れした奇麗事ばっかりいう連中
という悪いイメージがあったのでこの発言を事実だと思い込んでいた。


しかし最近福島瑞穂の事務所が公式に
このコピペは事実無根で福島はそんな発言はしていないと
いう声明を出した。

その声明が本当なのか否かを検証するために
多くの人が過去のTV番組をチェックしている。

だが、今のところその発言は出てきていない。
もちろん全ての番組をチェックしたわけではないが
このコピペは捏造だったと断言せざるを得ないだろう。


俺は謝罪する。捏造発言を根拠にバカにしてごめんなさい。


だけど不思議なことが一つある。
福島瑞穂には敵も多いがそのぶん味方も多い
信者といってもいいほどの支持者もいる

どうしてその人たちは今の今までこのコピペに対して
反論をしてこなかったのだろうか?

もし俺がある政治家の支持者だとしてその政治家に対する
批判的な書き込み、しかもまったくの捏造があったとしたら
全力で反論をするんだが

どんな崇高な理念、例えば絶対平和とか愛国といった良い信念
から生じた行動であろうと捏造は捏造

しっかりと検証していかなければならないのだ。
2006年06月07日 (水) | 編集 |
俺もゲーム好きの一人としてさ
いくら貧乏とはいえ、次世代ゲーム機くらい
買っておかないとマズイと思ったわけよ


で、とうとう買っちゃいました( ^ω^)
次世代ゲーム機


















ドリームキャストを!!!





本体だけじゃゲームできんのでソフトも30本ほど( ^ω^)





これからゲーム三昧だぜ!!!

[READ MORE...]
2006年06月05日 (月) | 編集 |
水死女児の母逮捕、豪憲君の遺体遺棄大筋で認める

秋田県藤里町、自営業米山勝弘さん(39)の二男、町立藤里小1年豪憲(ごうけん)君(7)が殺害され、同県能代市の市道脇に遺体が放置されていた事件で、能代署捜査本部は4日夜、同じ町営団地の1軒おいて隣に住む無職畠山鈴香容疑者(33)を死体遺棄容疑で逮捕した。

 畠山容疑者の長女彩香さん(当時9歳)は4月に川で水死し、県警は「事故死」としたが、畠山容疑者は納得せず、再捜査を求めていた。捜査本部は彩香さんの水死との関連を視野に、豪憲君が殺害された経緯についても追及する。

 調べによると、畠山容疑者は5月17日午後、下校途中に殺害された豪憲君の遺体を能代市二ツ井町の市道脇に遺棄した疑い。畠山容疑者は「遺体だけを捨ててきた」と容疑を大筋で認めているが、豪憲君殺害については「やっていない」と供述しているという。
(読売新聞) - 6月5日3時13分更新




やっぱりな

って日本中が思ってただろうから最初から怪しいとおもってたなんていうと恥ずかしいけどさ、この人の発言ってなんか不自然だったよね。きっとマスコミ関係者もそう思ってただろうから疑うそぶりもみせずあえて被害者のお母さんを演じている容疑者の映像を撮りためていたんだと思う。今日からしばらく各社で独占映像がながれるんだろうね。

そんなテレビが嫌いだ、そしてそれを文句たらながらも見倒す自分はもっと嫌いだ。



ミュンヒハウゼン症候群という病気がある。

例えば風邪などをこじらせて寝込むとする。するとまわりの人が心配してくれて世話してくれたり、暖かい言葉をかけたりしてくれるだろう。
病気は苦しいがそのぶんまわりが自分をみてくれて嬉しい、感動だ。

でももちろん病気がなおってしまえばそういうことはなくなる。直ってよかったねでしまいだ。

病気は苦しいから直ること自体は嬉しい。が、もう病気の時のようにちやほやはされなくなってしまうことが寂しい。

こういう気持ち自体は誰もがもっていると思う。


で、普通の人はそんな感情はすぐふりほどいてもとの日常に戻っていくわけだがミュンヒハウゼン症候群の人はそれが出来ない。

またちやほやされたい。また病気にならないかな。と考えることがいつまでもやめられずについには

そうだ!!!自分から病気になるための行動をおこせばいいんだ

という発想になってしまう。そして寒い日にこっそり外で冷水を浴びて大風邪をひいたりするようになる。


で、この病気じたいはまだそんなに害はない。かなりの困ったチャンではあるが、特にまわりに実害はでないだろう。


しかし、この病気の亜種である代理によるミュンヒハウゼン症候群は別だ。これは普通のミュンヒハウゼンとどう違うかというと、わざと怪我や病気になる過程を自分ではなく他者(代理)を利用して行うのだ。

有名なケースでこんなのがある。ある日子供が急病で倒れ病院。自分は心配と自己嫌悪のあまりパニックになり泣きわめく。そんな自分をまわりの友達や看護婦さんなどが大丈夫ですよとか、いいお母さんですねなどと言って慰めてくれる。

無事子供は元気になりそのことはもちろん嬉しいが、心のどこかで残念な気持ちが芽生える。ああ、元気になったらもう褒めてもらえない。寂しい

でも、もしこの子がまた病気になって病院に運ばれたら、私はまたみんなに慰めてもらえるだろう、褒めてもらえるだろう。

その考えが消えなくなってしまいとうとう自分の子供に対してわざと怪我や病気になるように仕組むようになってしまうのだ。


俺はこの容疑者はこの代理によるミュンヒハウゼン症候群だったと思う。もちろん断定は出来ないが・・・

この病気の恐ろしいところは誰もがもつだろう感情から、それも正常だとされるものから生まれてしまうところだ。誰もがこの病気を潜在的に患っているというのは言いすぎだろうか?

それとも個人的に俺自身がこの病気になりそうな人間だからそう思うだけだろうか。これからしばらくはこの事件を追いかけてしまうことだろう、自己嫌悪しながら。
2006年06月04日 (日) | 編集 |
最近つくづく思うんだけど俺ってネットではすごくめぐまれてるよな。
ネットの世界は広くてたくさん人がいてその分すごく嫌なやつとか人格破綻者とかも多い。
でも俺のまわりってそういう人がいない、みんないいやつだ、俺にはもったいないくらいだ。
だから俺もそのぶんいいヤツにならなきゃと思う。

俺には様々な欠点がある。それをリストにするといつまでも続くだろう。
そのリストを全部消すなんて考えるから駄目なんだろうな。
だけど生きてるんだから今日よりは明日のほうがマシな人間でありたいんだ。

駄目だ駄目だというだけでは何も変わらない。自分とまわりの気持ちを落ち込ませるだけだ。

出来ない、だからやらないじゃなくて
出来ない、だから出来るここまではやろう

という考えをしよう。


[READ MORE...]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。