現在リニューアル中。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年11月26日 (日) | 編集 |
長年勤めた工場からリストラされ、妻と離婚し実家で母親と暮らす。最愛の娘には裁判所の命令で会えない。そんなどん底の状態でいた主人公D・フェンスはある日渋滞中にキレて車を乗り捨てて歩き出す。

彼の目的は一つ。誕生日の娘に会いにいく

値段をぼったくる雑貨屋の横柄な韓国人店主。チンピラ。しつこくたかってくる公園のホームレス。マニュアル通りの接客しかできないバーガー店。差別的な言動を繰り返す下品な男。無駄な工事で道をふさぐ社会。彼にとってこの社会はストレスだらけ。ぶちきれたDフェンスはそれらに対し冷静に牙をむく。彼の行動はどんどんエスカレートしていく

Dフェンスと彼を追う老いた刑事の対比が面白い。刑事は娘を亡くし、精神を病んだ妻にふりまわされ、周囲の刑事にバカにされながら生きている。刑事のほうがDフェンスになってもおかしくない

スカッとして、少し哀しい映画だった。D・フェンスは膨れ上がるイライラを暴力という形で放出したが、俺達はどうやってイライラに対処しているんだろうか
スポンサーサイト
2006年11月24日 (金) | 編集 |
主に妹と叔父からたびたび指摘されていることに
俺の社交性の無さは病的だ、もっと遊べというものがある

その指摘じたいは正しい、正しいのだが、俺からみると彼らの
常に誰かと行動してないと不安になってしまうところがかわいそう
に思えてしまう。

だからこれまで彼らに社交性のなさを指摘されると
まるで知的障害者にバカといわれているような不快感を感じていたが
確かに社交的でないよりは、社交的であったほうがずっといいよな


最近、やっとそう思えるようになってきた。

俺が今より社交的になるためには
身だしなみに気を使ったり、
積極的に声をかけたり、
なにかの集まりに参加したり
そういった行動をおこせばいいのだ


そうなのだが・・・
そういった努力をすることにまだ抵抗がある。
だって社交的なやつは社交的であろうとして
社交的になったのではまく
やりたいように生きてきた結果
社交的になっていったからだ

そうなろうと努力するって発想が
なんか違うんじゃないかと思ってしまう
いや、社交的になることの重要性はわかるんだけど


うーーーん、生きていくって難しいな
2006年11月23日 (木) | 編集 |
葬式がひと段落してほっとしたとたん
悲しみに支配されてしまった。

ここにまた気持ちの悪い駄文書いたのをはじめ
自虐的になったり、妙に他者に対して攻撃的になったり
茶碗にもったごはんを誤ってゴミ箱にすててしまったり
祖母の家の奥にしまわれてた刀をもちだしそれを抱きしめて
眠ったり
なぜか左手が震えて止まらなくなったりした


しかたないかもしれないがもう今日で一週間たつんだから
そろそろ正気に戻って人生を歩まなきゃな

これでもみて元気だそう、これから久々のバイトだ!!!
三回も休んだから行きつらいが頑張ろう
幸い、今日のシフトは短い(`・ω・´)
[READ MORE...]
2006年11月19日 (日) | 編集 |
16日の14時30分 祖母が死んだ

死んだら天国に行くか、無になるかはわからないけど
生きてるよりマシだったろう

よく頑張ったと思う

死体を焼くまでに通夜、葬式などがあるから二日ほどさらし者に
せざるをえなかったのが、かわいそうだった

自分が死んだら、さっさと焼いて欲しいと思う
焼かなくてもいいからドブ川にでも放り込んでほしい
死顔なんてみられたくない

やらなきゃいかんことはだいたいやったと思う
あと香典かえしとか役所めぐりとかあるが
これはゆっくりでいいだろう

質素ではあるがまともな葬式あげれてよかった
俺の貯金では無理だった

一人でいると祖母の声が聞こえる
まだ顔が浮かんでくる
浮かぶ顔は笑顔じゃない、よく笑う人だったのに

あらためて俺は家族全員が嫌いだとわかった
家族もみんな俺を嫌っていると再認識した
頑張らなきゃ、頑張らなきゃ

死んだとき俺一人だった
様態が安定してたから、みんな昼飯にいってた
俺は食欲がなかったからいかなかった
急に呼吸が激しくなって、少なくなっていった
すぐに先生と家族をよんだけど
きたときにはもう呼吸止まってた

そんなわけないって頭では思うけど
俺がそばにいたから死んだような気がする
俺があの日家にいたらあと何日かもったんじゃないだろうか



もっと頑張らなきゃ
こんな気分悪い文書いてちゃダメだ

寂しいよ
2006年11月05日 (日) | 編集 |
金曜日祖母の手を握りいろいろ喋っていたら突然返事をした
なんと意識が戻った。体はまったく動かせないがまだ生きている

もう体力はないから治療もできずただ点滴だけ打ってるだけだが
こんなになってもまだ生きているのだ。
生きてても苦しいだけなのはわかっているけど
もう少し、もう少し生きて欲しい


今回も家族でいろいろゴタゴタがあってつくづく思った
俺はこんな人間にはなるまい

金持ちにも立派な人間にもなれないだろうけれど
こういう人間には努力すればならずにすむだろうと思う


頭がフラフラする。ここ一週間ほとんど寝てないからだろう
運転しなきゃいかんのだしきちんと眠らなきゃな


気分転換に本屋にいくが買う予定だった新刊本が置いてない
レジの店員に在庫を調べてもらおうと話しかける
なんとそいつはガム噛んでいやがった・・・
思わず怒鳴りつけそうになった
レジをガム噛みながら打つなんて信じられない


ああすればよかったっていう思いが次から次へとわいてくる
これからこうすればいいという考えに切り替えたいけど
なかなかうまくいかない
それは時間がかなえてくれるんだろうか?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。