現在リニューアル中。
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年05月30日 (水) | 編集 |
最初にいっとくと今回の松岡大臣の死、俺は自殺じゃないと思っている
根拠はない、ただの勘だ。

で、自殺に見せかけた殺人だと思うのはいいのだが
誰がそれをやったのかがわからない。
松岡の死で誰が一番得をするのかが、よくわからないからだ。

与党野党外国勢力が結託して陰謀を企てたという妄想が止まらない
陰謀論っていうのは楽しいものだ

客観的に冷静に考えれば陰謀の証拠なんてまったくないし
普通に心労に負けて自殺した可能性のほうが高いけどな


特に親自民でも反自民でもないから政党の議席がどうなろうがどうでもいい。ただ、松岡はあきらかに税金を浪費していたしそういうことができるようなシステムもあった。松岡以外に同じような不正を働いてるものも間違いなくいる。そいつらをいかに排除して税金の浪費を無くすシステムにするか?

また、中国のクサレ作物がちゃんとした検査もなく入っている。このままではアメリカなどほかの国からもクサレ作物が入ることだろう。政治家などはそういったものは口にしないからどうでもいいのだろうが俺のような貧乏人にとっては大問題だ。

今より税金を効率的に使う政治家を増やすには?
今より安くて安全な食物が食べられるようになるには?

俺としてはこの二つが実現することを望んでいる。
そのためには今回の陰謀に乗らないことがベストだと俺は思う。

自民党は適当に後任者を選びその後任者は彼の志を継ぎますとほざき、
野党は安部総理の責任だと叫ぶだろう。


国民は松岡の死をなかったことにするべきだと俺は思う
与野党とも彼の死を利用したショーに終始して、まともな政策論争など
やらないに決まっているからだ。
松岡は4月くらいにクビになって引退したということにするのだ。


ネット用語に煽るって言葉がある
わざと人の反感を買うようなことを書きこんで
相手が怒ったりするのを楽しむ輩だ
煽りは冷静に反論しても怒っても喜ぶ
煽りに煽るなと叫んでも止まりはしない

煽りに対して最も有効な手は無視である
そんな書き込みなんてないことにするのである
しばらく煽りはかまってもらおうとするが
反応のなさにがっかりして去っていく

今回の自殺が本当だとしても陰謀だとしても
これは政治的な煽り行為にすぎないのだ
まともな政治をする時間が削られるだけにすぎないのだ
政治家は煽りに便乗してさぼろうとしている
今はサボっても国民は許してくれるからだ

だが、国民が陰謀という煽りに乗らなければ、煽るものも減るし
政治家はもうちょっと真剣に政策論争をするだろう
スポンサーサイト
2007年05月16日 (水) | 編集 |
とうとう開始された赤ちゃんポストに早速一人入った
だがポストに捨てられてたのは赤ん坊ではなく、三歳児だった。

第一報を聞いた時は驚いたが、ちょっと考えてみれば
こういう事態も充分ありうる。赤ん坊を捨てたいと思う人間も、
赤ん坊ではない子供を捨てたい人間もいっぱいいる。
それなのに全く予想できていなかった。
この問題についてはかなり真剣に考えていたのに

赤ちゃんポストについて書いてるブログをいろいろ見たけど
赤ちゃんだけでなく自我がめばえた子供も捨てられるぞと
警告していた記事はみあたらなかった。

今ふりかえるとみんな、ただ不毛な宗教論争やってただけだ
俺自身も宗教論争なんてしないと思い込んでただけで、
思いっきり参加していた。



考えてみればポストという形式が新しいだけで親に捨てられる子供はいっぱいいる。
そのほとんどが残念ながら不幸な人生を送る。
幸い日本では捨て子あまり少年兵にされたり食われたり変態に売られたりすることはないが、
別の苦労と不幸がまっている。

いい子ぶるつもりはないが俺は捨て子をかわいそうに思う。助けたいと思う。
でも、そういう子になにができるのかと考えるとなにもできない。
自分の生活だけでギリギリだから経済的援助はできない。
では精神的に力になれるかというとそれも無理っぽい

仮に捨て子を慰めるつもりで必死で語りかけても
その言葉はその子を傷つけるだけだ。
君を捨てた親なんてわすれちまえといって傷がいえるか?広がるだけだ


結局俺にできるのはもっともっと働いて税金をいっぱい納めることくらいなのだ。
悔しいけれどこんな単純な盲点にすら気付かない程度の人間なのだ。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。