現在リニューアル中。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年04月29日 (火) | 編集 |
最近の自分のブログ読み返すと
 だけど で終わるものばかりだ

これは自分の甘ったれた心のせいだろう
心理学者が見たらフルボッコにされるに違いない

だけど なんて言葉を使うな
腰ぬけの言葉だろう
人生という戦場で生き残るのに
だけどなんて言葉は邪魔だ

甘ったれるなボケ
甘えたいなら死ね
あの世で甘えろ、この世で甘えられたら迷惑だ
だけどなんていいやがったら殺してやる

そのくらいだけどを多様する自分にムカついた
だけどを使わないように意識しよう




だけど だけどっていってしまう
だって男の子だもん

スポンサーサイト
2008年04月28日 (月) | 編集 |
うまれかわったら いい声を出す人になりたい
そして年から年中歌っていたい

うまれかわったら 絵がうまい人になりたい
そして年から年中絵を描いていたい

うまれかわったら 手先が器用な人になりたい
そして誰もがおどろくようなものを作りたい
 
うまれかわったら 笑顔がすてきな人になりたい
そしてまわりの世界を明るく照らしたい

うまれかわったら 逆境を好む人になりたい
そして不幸や理不尽と正面から戦いたい

うまれかわったら 料理が得意な人になりたい
そして生き物に感謝し毎日をすごしたい

うまれかわったら 人の痛みがわかる人になりたい
そして痛みをいつか癒しに変えてみたい

うまれかわったら 親孝行な人になりたい
そしてお前をうんでよかったと思ってもらいたい

うまれかわったら 愛される人になりたい
そして愛することを自然に行いたい

うまれかわったら うまれかわりたいと思わない人になりたい
この世界のなにもかもを肯定できる人になりたい




願うのは、本当にうまれかわっても無理なことばかり
でもそれは、うまれかわらなくてもできるかもしれないことばかりでもある

2008年04月25日 (金) | 編集 |
硫化水素自殺問題

練炭はすたれちゃったのかな?
これも練炭も楽に死ねるってことではやっているけど
実際はそうでもないらしいね

死ぬ際に絶大な苦しみを味わうのは仕様なのかな


最近はやっている硫化水素は結構巻き添えくらっている人が多いらしく
死ぬなら迷惑かけずに死ねボケという声があちこちから聞こえる

死ぬなら迷惑かけずに死ねと言うけれど

死ぬ人間にしてみれば自分が生きてるだけで迷惑かけてる
だから死ぬ。その際迷惑をかけてしまうがそれからはもう永遠に
誰にも迷惑かけないですむんだという発想なんだから

つまり いかに迷惑をかけないか と考えぬいた末の行動なんだから
迷惑かけないでっていういいかたは無意味だと思う




迷惑かけたくないっていう感情
迷惑かけてしまう現実
迷惑かけられたくないっていう感情
迷惑かけられてみたいっていう願望

矛盾してるのにすべてが本当だから
この世は本当につらいな

苦しみだけが真実なのかな
生きてることに比べれば死ぬ時の苦痛なんて
たいしたことないのかもしれない
だけど怖いのはなんでだ
2008年04月23日 (水) | 編集 |
死刑判決になったら辞職しますといったジャーナリストとか
赤ん坊の命を0.5と勘定し1.5人殺しただけで死刑なんてと嘆く大学教授とか
詰問調で非常識な質問をあびせる朝日新聞記者とか

いろいろあるけど


実はあまり怒りを感じていない自分がいる。
もちろんすべて馬鹿げていると思うけどなんか不感症になったみたい

まあこいつらがいいそうなことだ くらいにしか思わない
朝日記者の例の質問にいたっては
本村さんの冷静さと知性と闘ってきた人間だけがもつ重みが
わかりやすく引き出されているからいい資料になると思う


赤ん坊を0・5人という発想はさすがにたまげたが
人は平等ではないっていうのはある意味真理かもしれないし

だけど赤ん坊が0・5だったら俺はどんくらいなんだ?
0・002くらいなんじゃないだろうか?

もし人間の社会的価値によって殺人の刑罰が変動するようになったら
俺を殺した奴が受ける罰則って駐車違反くらいなものになりそう

そんな世の中 怖いっすよw


まあ価値ある人間にならないお前が悪いってことなのかね結局
弱者には生きる価値はないってことかな



だけどそれでも俺は人は平等だと信じたい
2008年04月22日 (火) | 編集 |
ずっと前から少年は死刑にすべきだと思っていたので
今回の光市の母子殺人事件の死刑判決は嬉しく思う

自分は確率的に考えて
人に殺されるより殺す確率のほうが高いと思っている
だからこそ国は人ひとり殺したらまず間違いなく死刑にしてほしい

そのほうが歯止めもきくし
自分がもし殺人者となったとき、この元少年みたいに見苦しい言動をせずにすむ
自分が人を殺したときにもしかしたら助かるかもしれない
なんて考えたくない

自分が殺人を犯すと自分の過去がマスコミにさらけ出され
彼の家庭環境がこの犯罪をうんだとかいわれるかもしれない
殺人者となった俺はそんなことをいう奴らにヘーコラするだろう

もし自分がなんらかの理由で人を殺すとしたら
最低限自らの命もなくなる覚悟はしておきたい



少年の家庭環境が歪んだ人格を育て凶行に走ったのかもしれない
だが彼みたいな境遇の人間は彼だけではない
結果的にこの手の考えは苦労人を差別する風潮だけを産み
不幸に一度あったものはさらなる不幸を味わうハメになる
現にそうなっていることは今の日本の犯罪被害者を見ればわかる

一番驚いたのは本村氏が実は再婚しているというデマを流したものの存在だ
そんなデマを流すことも驚きだが
それ以上にそのデマをうまく広めれば本村氏にダメージになると
その本村氏を憎むものが考えたことだ

さらに恐ろしいのはそのイカレ野郎の考えは完全な間違えではないということ
つまりこの日本にけっして少なくない人数の人間が
本村氏が仮に再婚したら氏を軽蔑するだろう事実が恐ろしいのだ




そりゃ死刑は万能ではない 死刑を増やしたって犯罪は減らない
↑に書いたような人間や少年を卑劣な論法で弁護した弁護士は裁けない
ていうか人間には裁く能力はない

だけど死刑はあるべきだしこの少年も死刑になるべきなのだ
2008年04月18日 (金) | 編集 |
最近中二病全開なブログを発見して個人的に楽しんでいる
昔(といっても5年前くらいのだが)の自分をみてるようで
胸が熱くなったり苦笑したりして楽しめる

中二病っていうのはなんのことかというと
おもに思春期に陥りがちな思考
例えば 数学なんてなんの役にたつんだよ とか
大人なんてみんな汚いじゃねえかよ みたいなやつを指す

あとになるとあのころの自分は恥ずかしかったなと思うし
このヒドさはネタになるなとも感じる
実際このブログも過去記事読むとそう思ったりするし
多分今後この記事読んでもそう思うんだろう

でも、自分で自分の中二病をネタにするのはいいけど
他人が馬鹿にするのはなんか違う気がする
確かに思春期くらいの人の考えは年取るとと浅く感じるけれど
そのときの自分は真剣に考えていたわけだから
笑い飛ばして黙殺ってのはひどいと思うのだ

また、過剰に自らの過去のイタさを否定するのも違うだろうと
恥ずかしいけれど自分が一時期ああいう思考で
自らを守っていたことは確かなわけで
それを全否定するのはちょっと酷だと思う


今の自分を作ったのは過去の自分で
もうちょっと頑張っとけば今こんなんじゃなく
もっとマシだったのにと四六時中思うけど
過去責めたって今はよくならないし
逆に今をも駄目にして未来がさらにひどくなる


昼寝でもしてたほうがマシだよな そんなことより




イタくてもいいじゃないか 人間だもの
2008年04月17日 (木) | 編集 |
スポーツや将棋とかで勝負が終わると
必ずありがとうございましたとあいさつをする
試合がどんなに悲惨でもどんなに悔いの残るものであっても


人生もそうでありたい
失敗だらけではあったけど
終えるときにはありがとうと元気に叫ぼう


ありがとうございました
2008年04月17日 (木) | 編集 |
何かのせいにしてるから 何もなせないのだ
自分をせめているから 自分を変えることができない
自分のせいにしているから いつまでもオナニー野郎のままなのだ

わからなくてもいいからやれよ
納得しなくていいからやれよ
怒っていてもいいからやれよ
ダルくても死にたくてもいいからやれよ

体を心から解放させろ
お前らのチームワークは最低だ
バラバラになってやってみろ
一度ソロでやってみろ

世間はゴチャゴチャいうけれど
実際のとこはどうでもいいのさ
お前がまわりにそう思っているように

答え? それを知ってどうするの
意味? それを知ってどうするの

2008年04月12日 (土) | 編集 |
4人の死刑囚の死刑が執行された
鳩山法相になりこれまでにない速度での執行で
死刑反対派は批判を強めている

死刑に反対する気持ちも論理もわかるが
人権をもちだすのがよくわからない

死刑囚の人権は害されているのだろうか?
そうは思えない
彼らは凶悪犯罪を犯した
鬼畜以下の行動をしたにも関わらず
一人の人間として法的に扱われている

何ひとつ落ち度のないのに殺された被害者に比べると
彼らのなんとVIP待遇なこと・・・

法相が死刑が確定した囚人を一定の期間内で死刑執行するのは
法律で決まっていることだ
それに対し、法相を批判し辞めろというのは
リンチでしかない
2008年04月05日 (土) | 編集 |
テレビが最近本当につまらない


あんなくだらないものを
喜んでるやつはバカと負け組だけ
勝ち組はテレビなんてみないよ
という意見をいうものは多い

テレビ放送が始まったころからいわれてる。


だが、本当にそうだろうか?
最近テレビがつまんなくてみると不愉快になる一人として
その手の意見は耳に心地いいが正しいのか


客観的にみて自分はバカで負け組だ


そんな自分ですらつまらないと感じるテレビ
つまんなくない番組っていうのはなんだろう


そこでこんな番組があったらみるなというのを考えてみた


クイズ番組
日本を代表するインテリが出演
問題はガチムズ
負けたら屈辱的罰ゲーム

政治討論番組
旬の政治家を呼ぶ
仕込みのタレントに持論を展開させる
それに政治家が強く反論するよう誘導
実はタレントの持論はその政治家が過去語っていたものを言い換えたものだとネタバラシ

クイズ番組
出演者は施設にいるリアル知的障害者
問題は超低レベル
特番で日本一馬鹿な知障と日本一賢い知障を決める

サバイバル番組
無人島にDQN集団を送り込む
集団行動せず怠けていたら死ぬ環境で
それでも最後まで寄生虫DQNをつらぬいたやつが優勝
次の島へ送られる
そこには別の島で勝ち抜いたDQNが




今放送している番組よりずっと下劣でくだらないものを
自分は求めていることがわかった

つまりテレビがつまんないのはくだらないからではなく
妙に優等生ぶっているからなのだ

あと業界内が仲良くなりすぎて
傷つかないよう傷つかないようになりすぎている
大学のゆるいサークルみたいなもので
内部は楽しいのだろうが外部にいると退屈でしかない



今のテレビを面白いと感じているのは
バカでも負け組でもなく
どこかで業界に憧れてその一員に入りたがっているものだけなのだ。
2008年04月03日 (木) | 編集 |
自殺するなら迷惑かけずに死ね
という意見が多い


どうすれば誰にも迷惑をかけずに自殺できるか
と、いうのを毎日考えていた
結論は、そんなの無理

なので今度は逆にいかに多くの人間に多大な迷惑をかけて死ぬか
と、いうのを考えていたが
迷惑の度合が大きいほど
迷惑かけたくない大好きなひとたちが迷惑することに気が付く

思うにこの世は地獄なんだと思う
少なくとも自殺志願者にとってはそうだ

自殺者は地獄にいくといわれるが
自殺志願者にとってこの世は地獄以外の何物でもないのだから
そんな脅しは彼らの絶望感を増幅させるだけだ

地獄は嫌だ地獄から抜け出したい
とおもうことがそんなにいかんことだろうか

現世という地獄に耐えて天寿をまっとうしても
与えられるのは嘲りだけだ

例えば一生苦しみぬいて
餓死して死んだホームレスに
あなたは耐え抜いた立派だ
と心から思えるだろうか
やっとゴミがくたばったか
という反応だけだ

そんな世の中の一人として
とても自殺者を責める気にはなれない


個人的に今の自分に自殺願望はあまりない
それはもしかしたら針山地獄の針の一本くらいへし折って
すわり心地のいい空間を作れるかもしれないと思うからだ
でも、そう思えるのは自分が強運だからで
別に道徳的に優れているからではないのだ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。