現在リニューアル中。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年08月23日 (土) | 編集 |
なんでも最近の新入社員は
実力もないくせに自分はできるんだという
根拠なき自信を持つものが多くて
彼らを教えともに仕事をする先輩社員たちは悩んでいるという

どうして困るのだろう?
そういう根拠なき自信をもった人材を求めてるんでしょ
実際面接でやったことないけど絶対やってみせます
と胸はっていった学生を採用してるじゃないか

ちょっとでも自信なさげなしぐさをみせると
今回は縁がなかったということで・・・と落としてるじゃん

だからみんな根拠なき自信を無理やりつけて社会に出るか
つけることができず落ちこぼれてるわけだ

若い即戦力な新人という
巨乳でスレンダーくらい無茶な要求をしてんだもん
それにこたえようとすればちょっとはおかしくなるさ


根拠なき自信を一度もってしまった人間に
その自信を捨てろといったってそう簡単には捨てられない
そりゃ上の人間からしてみれば生意気なガキにしか見えず
ちょっくらしごいて鼻っ柱折ってやるかって気分にもなるだろう

若造いじめた夜に飲む酒はうまいだろうけど
所詮それだけだ

そんな生意気にならざるをえなかった新人をつぶすより
美味い酒を飲むのを少し我慢して
彼らの根拠なき自信を根拠のあるものにしたてるほうが
建設的だし自分の利益にもなるんじゃないの



と全く自分に自信をもてない
根拠ある絶望を抱えた俺はそう思うわけです
スポンサーサイト
2008年08月20日 (水) | 編集 |
ちょっと前自閉症の妻と彼女を支える夫を描いたノンフィクション本を読んだ。
常人とは違う思考回路を持つ妻との格闘を夫の目線で描いているのだけど
ひとつ気になる箇所があった。

それは夫婦が喧嘩をするエピソード
激昂した夫は妻に出て行けと怒鳴る
それを聞いた妻は荷物をまとめて出ていこうとする

夫は怒りを忘れ妻の行動に驚き必死で止める
そして出て行けという言葉をうのみにする妻を嘆くのだ

なんでこのエピソードが気になったのかというと
実は俺もこの妻と同じで出て行けという言葉は
出て行ってほしいからいうものだと思っていて
バカとかアホなどの怒りを表現する言葉だとは知らなかったのだ。

うまれてから何回出て行けといわれたかは覚えていないが
そのたびに俺は本気で出ていくことを考えどこへ行くか悩み絶望して泣いた
あの苦悩は全部ただの無駄骨だったことがわかり愕然とした



大人になって出て行けといわれることもなくなり不安は一つ消え
本を読み、出て行けが文字通りの意味でないことも理解した



のだけどきっと俺はこれから先誰かに出て行けといわれると
狼狽し悩んで真剣に出ていくことを考えるのだ、愚かにも



真に受けるのが間違いだというのはわかった
では、出て行けといわれた人間はどうするのが正しいのか
この言葉を発する人間は発せられる人間より立場が上なことが多い
つまり、結局ただ単に私の力に屈せよって奴なのか?

恋人や家族と真に対等な立場でいたいと思うことはおかしいのだろうか
愛した人間に残酷な言葉を吐くのが正常でそれを真に受けることが異常でいいのだろうか?


たとえ世界にどう思われようとも、孤独にすりつぶされようとも
対等でない関係は誰とも築きたくないし、出て行けともいわれたくない
そしてなにより出て行けと思ってもいないのに愛する人に出て行けなんて言いたくない
その考えが異常だとするなら俺は異常であることを誇りに思う
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。