現在リニューアル中。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年05月01日 (月) | 編集 |
戸塚ヨットスクール校長出所 現場復帰に意欲 「体罰必要」不変

訓練生二人が死亡するなどした戸塚ヨットスクール事件で、傷害致死罪などが確定し、静岡刑務所(静岡市)で服役していた同スクールの戸塚宏校長(65)が二十九日、刑期を終えて出所した。
 同市内で開かれた記者会見で戸塚校長は「スクールはそのまま続ける」と指導現場への復帰について意欲を示した。また戸塚校長はほおを紅潮させ「体罰は教育」と持論を展開。検察庁やマスコミ批判を繰り返した。
 死亡した訓練生らへの気持ちを聞かれると、「悼む気持ちは散々言っている」と述べた。
 事件は昭和五十五年から五十八年にかけ、愛知県美浜町の同スクールによるスパルタ式のヨット訓練で訓練生二人が死亡、二人が行方不明になるなどした。
 戸塚校長は二審の名古屋高裁で平成九年、懲役六年の実刑判決を言い渡され、十四年に確定した。同スクールには現在、中高生ら七人の訓練生が在籍している。
(産経新聞) - 4月30日2時25分更新




個人的に体罰は教育ではないと思う。
たしかに口でいってわからんやつは山ほどいる。
でも、口でいってわからんやつは殴ろうがわからんのだよ。

ただ、暴力で人を服従させることは出来る。
暴力を嫌悪する人々も暴力で人を従わせているところがあるだろう。
それは恥ずべきじゃない、生物なんだから当然のことだ。

俺はいうこと聞かないやつを暴力で従わせたことがある。
俺はやりたくないが暴力によって従ったこともある。
それは恥ずかしいことでも、ましてや批判すべきものでもない。

でも、俺は暴力で教育したこともないし、暴力にものを教わったこともない。

だから、体罰は教育とかいう意見には賛成できない。



と、ここまで書いておいてなんだが。
戸塚校長の「体罰教育論」ってこの事件になにか関係あるのか?

これって監督責任を怠って、生徒を複数死なせたという事件だろ。この校長はその責任を問われただけだ。戸塚校長の思想なんてどうでもいい。

仮に戸塚校長が暴力絶対反対と主張してたとしても、
傷害致死は障害致死だ。

戸塚校長の考えは正しい、よってこの刑は重すぎるという意見も
戸塚校長の考えは間違い、よってこの刑は軽すぎるという意見も
同じようにバカげている。


戸塚ヨットスクールに問題のある子供を入れる親の気持ちがよくわからない。このスクール入学金だけで何百万もとるのだ。

そんだけ金があるなら子供に百万渡して家から放り出せばいいじゃないか。いっぱしの男になるまで敷居を踏むなっていってさ。

この金を生かすも殺すもお前しだいだ、と。


最後に戸塚校長を応援している石原慎太郎東京都知事にいいたい。

スパルタ教育じゃないと人間は育たんというなら
まずは自分と弟を否定しろよ。

あんたらは金持ちのボンボンに産まれてでとことん甘やかされて
好き勝手して育ったじゃないか。そういう自らの人生を否定してから
スパルタを説くのが筋だろ。

一発やったあとにソープ嬢に説教してるみたいだぞ。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
俺は体罰は教育だと思うよ。

やっぱね、色んな事件とかの犯人見てて思うんだけど、本気でどうしようもない人間っていると思うのよ。
別にそういった犯罪者だけじゃなくても、巷を歩けばどうしようもねえなって風にしか見えないクズはいっぱいいる。

そんな奴らに説くよりも、恐怖で刷り込みしちゃう面もあっていいと思うのよね。




でも、事件と体罰って関係ないよねwwww
2006/05/01(月) 21:10:02 | URL | 乞食の人 #X.Av9vec[ 編集]
たしかに殴らなきゃわからないバカはいるけど四六時中監視して殴るわけにはいかんからなあ。

脳に特殊なチップ埋め込んでくだらんことをしたら自動的に電気が流れるみたいなシステムを作りでもしない限り難しいかも
2006/05/04(木) 23:10:00 | URL | ユーキ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。