現在リニューアル中。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年01月05日 (木) | 編集 |
最近だんだんわかったことだが

誰かが僕を呼んでいる

その人が誰かはしらないけれど

その人がいうにはこの僕は

もともとここにいるべきでなくて

なにかの手違いでここに落ちて

そうしてきづかれることもなく

長い間いきてきたのだ

そういう類のことをいうんだ


だからいろいろ混乱したと

世界ときみが混乱してると

ただしくないみちをすすんでいると



そういう類の、ことをいうんだ



そういうことをいきなりいわれて

はいそうですかと思えやしないが

いぜんよりすこしかしこくなったはずだから

もしかしてその人のいうとおりかもと

思うようになってきました


やさしいみんなはぼくをおもって

そんなのきのせい といってくれるが

それはとてもうれしいのだけど

やっぱりひとりでかんがえてると

その人のはなしは事実とおもうし

とても悲しいとおもうけど

ここにいるのはなにかの間違い

そういう結論になるんだよ



だからそろそろ訂正しなくちゃ

きづいているのにそのままなのは

りんりてきにもどうかと思うし

自分をだますことにもつながる



けれどどうすりゃていせいできるか

それがいまいちわからないから

いまもこうしてつったっているんだ



本当はわかっているけれど

はずかしいことにじっこうするのが

ちょっとばかりこわかったりする

だから知らないフリをしているのかも





いまだにためらう自分がいて

そいつが僕にこういうんだよ

まえむきなことをささやくんだよ

僕の決意をこわそうと




真実よりもたいせつなことがあるなんて

つごうのいいきれいごとを、ささやくんだよ



僕を呼ぶ声は、だんだん大きくなっている
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。