現在リニューアル中。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年01月10日 (水) | 編集 |
ほしのあきが好きだ

この人は現在グラビアアイドルの頂点にたっている。
だから好きな人が多いぶんアンチもたくさんいる。


アンチほしのあきがアンチである理由をあげると
・年増
・豊胸手術してる
・枕営業してる
・ぶりっこしてる

だいたいこんな感じだ。


でもって俺がほしのあきが好きな理由も
・年増
・豊胸手術してる
・枕営業してる
・ぶりっこしてる

からなのだ。アンチが嫌う部分に俺は惹かれている。


だがどうして俺はそんなところにひかれているんだろう。
付き合う女は同じくらいの歳がいいし。基本的に整形には否定的だし、
枕なんて卑怯だと思うしぶりっこは気持悪い。


俺はアンチほしのあきになってなきゃおかしいはずだ。
今日やっとその疑問がとけた。


俺はほしのあきの必死に頑張ってる感がすきなのだ。

このまま生きてると餓死するな俺、でも心入れ替えてまじめに生きても
どうせ過労死に決まっている。
こんな社会どうでもいいや、適当に生きて疲れたら死んじゃおう
なんてすぐ思ってしまう。

なのにほしのあきは必死だ。
年増というグラビアアイドルとして致命的なハンデを追いながら
豊胸したりプロデューサーと寝たり必死にかわいこぶったり。

運がよくても数年たったら芸能界から消える運命にありながらも必死だ。
もういいやなんて思っていない。


ほしのあきは俺に「可能性なくてもがんばらなきゃいけないんだ。がんばっていいんだ」
と教えてくれる。俺はほしのあきのそういうところが好きなのだ。

ていうか、巨乳好きなだけだよな
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。