現在リニューアル中。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年03月11日 (日) | 編集 |
昔なにげなく国会中継を見ていたらこんなやりとりがあった

その日は総理大臣に各党の代表が質問できる日だったのだが
その質問者の一人が開始早々質問時間の短さに抗議しはじめた

与えられる質問時間が党の議席数に比例するため
泡まつ政党はほとんど質問するだけの時間がないのだ
素人目の俺からみてもこんなに短い時間では
充分な質問はできないな、改善すべきことだなと思っていた
だからその議員の抗議は正当だ
小泉総理大臣(当時)も改善しようと同意していた

ところがその議員は再度質問時間が短い、長くしろという
長くすべきだとは思うが今日は無理だ
長くしろ長くしろとあまりにしつこいので
ヤジが飛ぶようになってきた
俺も見ていてイライラしはじめた


しかしその議員はなおも時間が短い、時間が短いと抗議し続け
とうとう最後までなんの質問もしなかった
委員長の退席してくださいという言葉に激昂して議員は
短いぞと大声を上げながら退席していった

俺はその光景をみて笑った
時間が短いのは事前に分かっているんだから少しでも
効果的に質問しようとは考えなかったのだろうか?とあきれ
また、この議員はたとえ何時間与えられても
まともな質問なんてできないなと決め付けた



だが、今の俺はこの議員を笑えるだろうか?
正直同じ穴のムジナだ

今の環境に対し改善したいという気持ちや
権力にたいする怒りを忘れてはいけない
忘れたら、ただの奴隷になってしまう

でも、それだけだと自分以外の誰の心にも届かないし
いくら環境が改善してもなにもできない
こんな悪い環境でも頑張った、だからこれだけはできた
もっと環境をよくしろ、もっと成果をあげてやる

こう胸をはっていえる人間にならなきゃいけない


政治には与党も野党も必要だ
どっちが弱くても政治はダメになる
極端になると恐怖政治がはじまってしまう
常に気をつけてバランスがとれるようにしなくてはいけない

そしてそれは自分の心も同じだ
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
はじめまして
初めまして♪
いつも見てますけど、思うこと。

自分の事と、社会の事を客観的に見て、それをまた自分身近な事と当てはめて考えられるのはすごいと思います。
それを、文章に上手く表せるのは私にはちょっと難しいですね。

これからも応援してますんで、頑張って下さい♪
でも、頑張ろうと思って頑張らないで下さいね♪
2007/03/14(水) 02:46:57 | URL | マコト #-[ 編集]
はじめまして

自分と社会を客観的に見れる人間になりたいと思っているのでマコトさんのその言葉すごく嬉しいです

つまらない上最近更新頻度落ちてますがこれからも遊びに来てください
2007/03/16(金) 22:54:04 | URL | ユーキ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。