現在リニューアル中。
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年06月09日 (土) | 編集 |
「いじめ許さん」全員に体罰 辞表の先生、保護者が慰留 京都

体罰を加えたことをわびる教諭に、教諭の熱意を正面から受け止めた児童と保護者。京都府京丹後市の市立小学校で、「クラスメートへのからかいをやめなかった」とクラス全員に体罰をした男性教諭(28)が辞表を提出した。しかし、保護者のほぼ全員が辞職の撤回を求める署名を提出。思いとどまった教諭は謹慎処分が解けた8日、児童らと互いに謝罪し、きずなを深めたという。市教委は「近年、学校に理不尽な要求をする保護者が増える中、教諭の熱意が通じたのでは」としている。

 市教委などによると、教諭のクラスでは1人の男児の外見を一部児童がからかい、他の児童も黙認する状態だった。教諭は「(次にからかったら)みんなをたたいて教師を辞める」と注意したが、今月4日、再びからかいがあったため、「ここで放置すると、いじめに発展しかねない」と判断、からかわれた男児を除く全員のほおを平手打ちした。

 報告を受けた校長は同日夜、保護者らを集め、教諭とともに謝罪。3日間の自宅謹慎を命じられた教諭は辞表を出した。ところが、寛大な処分を求める署名運動が保護者の間で始まり、全校の児童191人の保護者ほぼ全員分の署名が学校に提出された。

 その後、教諭が二度と体罰をしない意思を示したため、校長は辞表を返却。謹慎処分が解けた8日、うつむいてわびる教諭に、児童たちも泣きながら「私たちが悪かった」と謝ったという。

 教諭は採用4年目で、同小には今年度着任。校長によると、熱心でまじめな人柄で、子供のころに外見を理由にした嫌がらせを受けた経験があったという。

 引野恒司・同市教育長は「学校に理不尽な要求をする保護者も少なくない風潮なのに、教諭の行為を熱意ととらえ、署名運動まで起きるとは驚いている」とした上で、「体罰の事実は事実なので、子供や保護者の心情を受け止めた上で適正に処分はする」としている。

 河上亮一・日本教育大学院大学教授(教師論)の話 「教師として、職をかけてもやってはいけないことを示す覚悟も必要。児童や親にもその姿勢が伝わったのではないか。最近ではこういう先生はめずらしく、評価すべきだ」

 森毅・京都大名誉教授の話 「熱心だから体罰が許されるという話ではない。教師が体罰をするなら辞めるしかないと思うし、保護者らはそれを非難するにしても支持するにしても、もう少し学校と冷静に付き合う手だてがあるのでは」




このケースでは殴っていいんじゃないだろうか
教師は次こんなことをしたら殴るぞと予告している
もし生徒がいじめを悪いことだと考えていなかったら
この予告を聞いた時点で親なり教育委員会なりにちくっているはずだ
センセーが○○くんいじめたら殴るっていうんだよお と

そうしなかったってことは自分たちは悪いことをしていると自覚していたはずだ。自覚していたがやったってことは教師は殴るわけがないとタカをくくっていたか、クビに追い込もうと策謀していたかのどちらかである。つまり完全になめているわけだ。

はたしてガキが怖くもない人間のいうことを聞くだろうか?
大人でも自分より弱い立場の言葉に耳を傾ける者はあまりいないのに
おえらい大学教授さんはこの教師を全面否定しているが
じゃああんたはどうやって解決したの?と聞きたい

クソガキが殴られもせず成長していく社会って俺は恐ろしい。
ちょっと前電車でレイプされてる女をたくさんの人間が目撃していた
のに誰も止めようとも通報しようともしなかったという事件があったが
ガキのころから見て見ぬふりを悪だと教えないようではこれからもそういったことは増えるだろう。見て見ぬふりが悪だと思っていてもそういった時に止めに入るのは怖いのだから

今回のケースでは体罰当然、よくやったといいたいが
俺は別に体罰容認派でも否定派でもない。
俺自身何度も殴られた経験をもつが
殴られて当然だったことはない
殴らずにすむなら殴らんほうがいいだろうが、
殴れないってのもどうかと思う
殴らないと殴れないじゃぜんぜん違うもんな

殴らずにいじめを解決できるような教師ってのもいるのだろう
実際聖人としかいいようのない教師に出会い人生を輝かせる人も
いる。しかしそんな教師は一握りのはずだ。

ほとんどの教師は普通の人間にすぎない
オナニーもするし無意味にイライラするし
給料前にはカツカツになり休日はパチ屋に並ぶ

いろんな人がいろんな教育改革案を出しているが
それらを読むとみなすべての教師に
聖人教師と同じだけの能力があると思い込んでいる
ほとんどの教師はそのへんにいるただの
おっさんおばさんにすぎないってことを忘れている

彼らの案は例えるならオリンピック会場を観察して
すべての人間はだいたい100メートル10秒くらいで走れる
と結論づけてるようなものだ。
どんなに頑張っても15秒はかかる人間がほとんどってことを
忘れている。

最近の教師がクズばかりといわれているが
昔から教師はクズばかりだったんじゃなかろうか
親だってほとんどがクズだし
総理大臣だってほとんどがクズだ

クズでもギリギリなんとかなるような方法を考えるべきだ

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。