現在リニューアル中。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年08月17日 (金) | 編集 |
このブログの今のテンプレートの上部にはパズルがある。
これを暇つぶしにやっていたときに思ったのだが
人生ってのはこのパズルに似ている

社会が額で人はピース
ピースである人はそれぞれ社会で場所が決められているが
それがどこなのかはわからない

テンプレートのパズルはピースの形がヒントであるが
社会というパズルにはそんなのはないし大きさも段違いだ
日本だけで一億数千万ピースもある

この手のパズルの解き方の定石はまず四隅のピースをはめて
それから隅っこのピースをはめていく
最後にその他のピースをはめていく
これはどの大きさのパズルでもかわりがない

この四隅に当たるのが日本では皇族とか有力政治家などで
端っこピースが金持ち有名人などだ。

隅っこでないピースたちは自分の居場所を探すことが難しい
思い切ってここだと座った場所も正解である確率は低い
低いだけでなく正解か否かわかるのに長い時間がかかる。

だから死ぬまで正しい場所にたどりつけないピースが出てくる
探すことをあきらめるピース
隅っこピースを憎むピース

隅っこピースと非隅っこピースはお互いわかりあうことはできない
だが隅っこは非隅っこがいなくても居場所探しに支障はないが
非隅っこピースは隅っこの協力なしではただでさえ困難な
場所探しがさらに困難なものとなる。

非隅っこピースは自分の居場所の正しさを証明するために
多くのピースを必要とする。
単独で見つけ出すことも可能だがそれには奇跡レベルの強運がいる。

なにもしなくてもほかのピースが埋まっていくうちに
自分の居場所を悟るかもしれない
だがそれには途方もない時間が必要になるし
動かずにパズルが埋まっていくのを待っているのが
自分だけだという保証はない

一番確実な方法はピースがはまらず痛みに襲われることを覚悟して
次々にいろんなピースにくっついてみることだ。
たしかに痛み続けるだけの一生になるかもしれないし
痛みすぎてピースの形が歪んでしまうかもしれない

だがそれが一番確実で一番の近道なのだ。
でも、それを実行することがどうしても怖いのだ。


今日も俺はただパズル完成を待っているだけのピースで
いるのだろうか?
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
うわ!パズルできるんだね!しらんかったー

で、やってみたわけなんだけど
何故か①ピースあまりました;
なんでだろうw
2007/08/20(月) 00:22:23 | URL | 弥生 #-[ 編集]
背景と色がかぶってるから
一個埋めてないだけかも
全部埋めるとステージクリアって表示される
2007/08/20(月) 06:49:17 | URL | ユーキ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。