現在リニューアル中。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年10月21日 (日) | 編集 |
テレビ観たりバイトしたりすると
ガキってのはどいつもこいつも糞だって思いがちだけど
実際はそんなことないんだよな

子供ってのは基本的に素直だ
人間ってのは年取るほど劣化していく
経験というものでその衰えをカバーしているだけだ

道徳ってのは世間だという説を聞いたことがある。
人は他人に変な眼で見られたくないから
いわゆる悪いこと、殺人とか盗みなどを自重するというものだ。

だがそれは本当だろうか?
世間の冷たい目というものは常に悪に対して向けられているだろうか
とてもそうは思えない
世間ってのは所詮はただの暴力にすぎないのじゃなかろうか
たまたまその暴力がいい結果を産むことがあるってだけで

俺は弱いから世間なんてしらねえぜという生き方はできないけど
とても世間が道徳だとも正義だとも絶対に従うべきものだとも思えない


子供が大きな声であいさつをしてくるとき
道を教えて礼をいわれたとき
ゴミを拾って分別してゴミ箱にいれているのを見たとき思う
この子らの多くはいつかこういうことをしなくなる

そしてあそこでタバコふかしてるおっさんや
下品な声で笑いながら携帯いじってるビッチを見たとき
彼らはそうじゃなかったときもあったのだと思う


俺はいつから落ちてるゴミを拾わなくなった?
いつから元気にあいさつをしなくなった?
いつから「ありがとう」が「すみません」になったんだ?


きっと覚えていないが教えられた正義に素直に従ったときに
世間の冷たい目にダメージを受けたからだろう
それを恐れて、いつのまにか正義を行わなくなったのだ


あの子供に俺はあいさつを返した
が、大きさはどうだった?表情は?
もしかしたら俺の対応があの見知らぬ子供に
世間という暴力の洗礼となったかもしれない

そう思うと自分が恥ずかしくなる。
DQN死ねといいながら、未来のDQNを作っているのだ
まるで武器を輸出しながら反戦を主張する大国のようだ。


確かにきれいごとばかりじゃ生きていけないが
やっぱりゴミを拾ったりあいさつをすることで
傷つくような国というのは異常だと思う。


子供は国の宝だ、もっと大切にしよう






またmixiのクサレ偽善野郎みたいなこと書いてしまった・・・
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。