現在リニューアル中。
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年12月21日 (金) | 編集 |
佐世保で銃乱射した犯人が犯行直前知人に
どうせいずれ死ぬんだから人生好きにいきたほうがいい
と話していたというニュースを聞いた。

解説者はこの発言から犯人の心の闇がわかるといってたが
この考え方になにか問題あるか?
問題はやりたいことが好きな人たちと無理心中ってとこだろう

自分は永遠に生きると考えることや
人生は試練なのだからひたすら苦しみに耐えろ
という考えよりかは犯人の考えのほうがマシだと個人的に思う

やりたいことが健康的でなおかつ社会的にも有益なことになるには
どうすればいいのか?って事を考えるべきなんだけど
まったくいいアイデアが浮かばないよなあ

これ書いてて仮に俺が銃なり刃物なりで好きな人たちと
無理心中しようと決意したとしても
誰も頭に浮かばない現実に気づき少し狂いそうになった。

はっきりいって俺よりこの馬込のほうが物質的には恵まれているから
金や愛で解決するって問題ではないことは確かだ。
じゃあ一体鍵はなんなのだ?
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。