現在リニューアル中。
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年03月17日 (月) | 編集 |
チベットの虐殺行為はなにも昨日今日はじまったわけではなく
半世紀くらいずっと続けられている。

たまたまオリンピック直前で注目されているが
チベットという民族は少しずつ確実に抹殺されている。

ところで現在亡命しているチベットのダライ・ラマ
彼は本当に政治的指導者にふさわしいのだろうか?
宗教国だから宗教の指導者が政治の主導者を兼ねるのは当然だけど
俺にはダライ・ラマにチベット国民の命を守ろうという気概を感じられない

別にしんでも来世とかあるしいいんじゃね
そういう部分がどこかにあるんじゃないだろうか


政治家は国民の命を第一にすべきという考えだから
毒物を食わせ異民族を虐殺する中国と同じくらい
ダライ・ラマの態度には疑問をもつ

彼の平和的態度とやらが
ここまでチベット問題を陰惨にした原因の一つに感じる
なんというか必死さを感じないのだ



チベットだけでなく日本の政治家にもいえることだな、これは
極端ないいかただが自国が滅ぼされるなら
その前に滅ぼそうとする国を滅ぼしてやる
そういう気持ちが政治的指導者には必要なんじゃないだろうか?

ある意味北朝鮮の金正日よりダライ・ラマは
政治的指導者として不適格に思える

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。