現在リニューアル中。
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年04月22日 (火) | 編集 |
ずっと前から少年は死刑にすべきだと思っていたので
今回の光市の母子殺人事件の死刑判決は嬉しく思う

自分は確率的に考えて
人に殺されるより殺す確率のほうが高いと思っている
だからこそ国は人ひとり殺したらまず間違いなく死刑にしてほしい

そのほうが歯止めもきくし
自分がもし殺人者となったとき、この元少年みたいに見苦しい言動をせずにすむ
自分が人を殺したときにもしかしたら助かるかもしれない
なんて考えたくない

自分が殺人を犯すと自分の過去がマスコミにさらけ出され
彼の家庭環境がこの犯罪をうんだとかいわれるかもしれない
殺人者となった俺はそんなことをいう奴らにヘーコラするだろう

もし自分がなんらかの理由で人を殺すとしたら
最低限自らの命もなくなる覚悟はしておきたい



少年の家庭環境が歪んだ人格を育て凶行に走ったのかもしれない
だが彼みたいな境遇の人間は彼だけではない
結果的にこの手の考えは苦労人を差別する風潮だけを産み
不幸に一度あったものはさらなる不幸を味わうハメになる
現にそうなっていることは今の日本の犯罪被害者を見ればわかる

一番驚いたのは本村氏が実は再婚しているというデマを流したものの存在だ
そんなデマを流すことも驚きだが
それ以上にそのデマをうまく広めれば本村氏にダメージになると
その本村氏を憎むものが考えたことだ

さらに恐ろしいのはそのイカレ野郎の考えは完全な間違えではないということ
つまりこの日本にけっして少なくない人数の人間が
本村氏が仮に再婚したら氏を軽蔑するだろう事実が恐ろしいのだ




そりゃ死刑は万能ではない 死刑を増やしたって犯罪は減らない
↑に書いたような人間や少年を卑劣な論法で弁護した弁護士は裁けない
ていうか人間には裁く能力はない

だけど死刑はあるべきだしこの少年も死刑になるべきなのだ
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。