現在リニューアル中。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年01月05日 (木) | 編集 |
心の闇とよばれるもの 人を狂気にかりたてるもの
だれもがそれをかかえてて だれもがそれをおさえてる


ふだんそいつは隠れてるけど
ふとした時にやってきて


らくになりたいだろうとささやく


そいつはいつもねらっている
俺のこころをうばおうと
俺がけんめいにつくってきた
俺のせかいを壊そうと
俺が必死にとけこもうと
頑張る世界を壊そうと


世間の理不尽さに絶望したとき
部屋の換気をサボったとき
過去の幻影にとらわれたとき
そいつは闇からやってきて


らくになりたいだろうとささやく


そいつがささやく甘い言葉は
とてもとても残虐だけど
とてもとても恐ろしいけど
魅力をもっているのもたしかだ


そいつにとりこまれたやつをみた
どいつもこいつもいかれた面だ

だけどどいつもどことなく
幸せそうにもみえるんだ

だからそいつを苦しめてくれ
俺にそれをみせつけてくれ

たまに自信がなくなるんだ
俺の世界を守れる自信が
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。