現在リニューアル中。
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年05月31日 (日) | 編集 |
こないだ父方の祖父が死んだ。

こないだって書いたのは死んだことを父が隠していて
納骨などの後始末が一通りすべて終わったあとに連絡がきたからだ。
その時教えられた祖父が死んだ時間に俺は、特に予感らしいものも感じず
ダラダラと一日を送っていた

連絡もせずきちんとした葬式もしなかったのは
祖父が共産党員兼ヤクザでさらに超高齢だったからだ
もう知り合いもろくにいない、あの世なんて信じていない
きちんとした葬式なんてする意味などないという父の考えだ

父は結構信心深い人なので祖父の意思を尊重したのだろう

元気な姿の祖父と最後にあったときは二十歳くらいのときで
もっと勉強しろと共産党の本をいっぱい持たされて困ったものだ
安いからといって一人暮らしなのに卵を何十パックも買ったりと
奇行が多い人だった。

それでももういないんだなと思うとさびしい
これで祖父母というものは一人もいなくなってしまった。


孫としてやるべきことってのは特になかったが
父の顔をみに久々に姪っ子つれていってきた。
幼い頃住んでいた土地はいろいろと変わっていて
でもどこかあのころの姿を残していて
あの頃歩いたり自転車で走ったりした道を
こうして車で通っているのが不思議に感じた

産まれ育ったボロい団地はさらにボロくなっていて
ベランダからみえた広い田んぼときれいな山の景色は
マンションとコンビニにさえぎられていた。

父も母もいつか死ぬし
自分自身も死ぬし
そして(これから存在することになるかもしれない)自分の子孫も死ぬ
そういう当たり前のことをあらためて教えられた

当り前のことってよく忘れてしまうのだ、なぜだかしんないけどさ

どんなトンネルにも終りはあるし
どんな道にも終わりはある
そして出口はいつも看板が丁寧に教えてくれるとは限らなくて
前触れもなく突然目の前に出現することもあるのだ
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
No title
俺にも、もう祖父母はいないけどなんだか不思議な気持ちになるよな。
自分も必ず死ぬ、何十年後かもしれないし明日かもしれない。
だったら、いまのままでいいのか?
明日死んだとしたら、俺は人生満足して死ねるのか??

そんなことをよく考えるよ。
まだ死にたくないけどね。
2009/06/08(月) 21:47:42 | URL | くうき #ILHBL9fY[ 編集]
No title
どうやったら人生満足して死ねるのかって思うね
人生楽しんでるやつはやつで死にたくないだろうし
2009/06/09(火) 03:51:37 | URL | ユーキ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。