現在リニューアル中。
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年12月30日 (日) | 編集 |
今年面白かった本

1 犯罪  罪悪  

ドイツの弁護士が自身の経験をもとに書いたと思われる犯罪短編集、完結な文体が気持ちいい

2 さらば雑司ヶ谷 

タランティーノの映画みたいな小説 

3 殺し屋ケラーシリーズ 

本屋で伊坂幸太郎の推薦文にひかれて読んだ いいキャラしてる

4 独裁者の教養 

中国ネットウォッチャーの書いた新書 中国ワ州の謎の独裁者・鮑有祥にせまる

5 マージナル・オペレーション 

ニートが傭兵になるという設定に惹かれる
リアリズムとファンタジーの同居がガンパレードマーチを思い出す
小説も面白いけどゲームも作ってほしい

6 カリコリせんとや生まれけむ 

芸術に疎いから知らなかったのだけど有名な芸術家のエッセイ
面白い人だけどあまり身近にいてほしくないタイプ

7 刑務所なう  

ホリエモンの獄中記 ムショにいるのに俺の100倍充実してる感じw

8 一般意思2.0 

内容を半分も理解できたか怪しいのだが刺激的な本だった
ただ著者のtwitter見てるとお前全然これ実践できてなくねと思ったりする

9 非選抜アイドル  

AKBのマイナーメンバーの人が書いた本 
アイドルってのは人の夢と欲望に応える大切な職業なのだろうけど
自分の大切な人にはやってほしくないと思った

10 ビブリア古書堂の事件手帖 

実写ドラマ化が決まっていろんな意味で話題になっているが普通にいいラノベです
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。